HOME

甲状腺の働きを知る

甲状腺と分泌されるホルモン

甲状腺って?

「甲状腺」という名前は、皆さんも一度は聞いたことがあると思いますが、具体的にどんな機能を持っているのか、私たち人間の生活にどのように関わっているのかというのを、詳しく知っている人はあまりいないかもしれません。

そのため大して重要ではないという風に思われがちですが、それは間違いです。私たちが健康的な生活を送るのに必要なものはいくつか存在しますが、その中の1つに「甲状腺ホルモン」というのがあります。これは身体のバランスを調節する役割のあるホルモンで、甲状腺はそれを作り出すという重要な機能を担っているのです。

そのためこの甲状腺に異常が発生し、甲状腺ホルモンの分泌が過多になったり過少になったりすると、「バセドウ病」や「橋本病」といった甲状腺にまつわる病気になってしまいます。これらの病気は特に女性に多く、治療を必要としない軽めの症状のものも含めると、女性のうち7人に1人の割合でなっているといわれます。

またこういった病気は高齢の人がなるもの、というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、20代、30代の人にも甲状腺にまつわる病気が発症する割合は高く、特にバセドウ病は年齢別の患者数で見た場合、20代、30代の発症率が全体の約半分を占めています。若いからといって、甲状腺に異常が起きないとは限らないのです。

ということを踏まえて、ここでは甲状腺が作り出す甲状腺ホルモンには、具体的にどんな作用があるのか、甲状腺に関する病気にはどういった種類があるのか、どんな原因で発症するのか、またそれらの病気を発症したら、一体身体にどんな影響が出るのか、有効な治療法にはどんなものがあるのか、といったことを中心に解説をしていきます。

甲状腺のはたらきと、それによってもたらされるもの、異常が出た時に現れる影響、その原因となるもの等の事柄を知っておけば、いざ甲状腺の病気を発症しても対処が容易になります。そのためにも、この解説で甲状腺に関する知識を身につけましょう。

甲状腺と分泌されるホルモン

副甲状腺と分泌されるホルモン

甲状腺の病気 - 甲状腺機能亢進症

甲状腺の病気 - 甲状腺機能低下症

甲状腺の病気 - 良性結節

甲状腺の病気 - 悪性結節

副甲状腺の病気 - 副甲状腺機能亢進症

副甲状腺の病気 - 副甲状腺機能低下症

人間以外の甲状腺の病気

甲状腺の病気の治療